日々の隙間を見つけては

好きなものをつらつらと

アモスと共にゆくドラクエ6

タイトル通り。

1回目プレイ時、アモスのぶっとんだセリフ内容が好きだった。

 

そうだ、こいつとの2人旅は楽しいんじゃないか・・・?

 

というわけでいきなりだけどムドーを倒し、モンストルに到着するところから日記を書いていく。

(さすがにムドーは一人旅で倒そうとすると時間かかりすぎるので4人で倒した。)

 

最初に見たのはベッドの上で寝ている姿。

村の英雄として一目置かれているのに、本人にはまったく気取った様子がない。

いい人なんだよね。


f:id:sukimani:20180724143004j:image


f:id:sukimani:20180724143010j:image

 

 


f:id:sukimani:20180724143032j:image

みつめあうと素直におしゃべりできない。

 

 

が、このアモスは夜になると魔物となって村を徘徊してしまう。


f:id:sukimani:20180724144006j:image

 

そんな彼を仲間に率いれたいので理性のタネを飲ませる。

 

その結果、自由に魔物となることができるように。


f:id:sukimani:20180724143129j:image

おちゃめだ・・・

 


f:id:sukimani:20180724143328j:image

ちなみに主人公の名前は「しゅじん」。

アモスは魔物にもなれるのでモンスターズ気分も味わえる。

 

さあ、ここから2人旅だ。(バーバラが外せないから実質3人だけど、今回はいないものとする。)

とはいってもこのままでは回復が不足するので、転職へ。

一応主人公はあそびにんとおどりこを極めたあとのスーパースターで「ハッスルダンス」を覚えるけど、さすがにそれまでがきついのでアモスはそうりょを極める。主人公はしばらくゲントの杖で間に合うはず。

また主人公は「レミラーマ」がほしいのでとうぞくを極める。

 

月鏡の塔で熟練度をあげた結果

アモスがそうりょの後ぶとうかに転職し、どんどん強くなっているのに、主人公はとうぞくの後にあそびにんで卑怯な手を使う野郎になってしまった。

 

戦闘中に遊んでばかりの主人公。

アモスの場合一緒に乗ってくれそうだ・・・。

果たしてこの二人、大丈夫なのか。