日々の隙間を見つけては

好きなものをつらつらと

10年たってもイナズマイレブンは面白かったという話


f:id:sukimani:20180720222900j:image

 

もともとは今やっている新シリーズ「アレスの天秤」がいろんな意味で面白かったのでゲーム版をやり直していたところ、

7月20日から「イナズマイレブン」が期間限定無料配信・・・ということでなんとタイムリーな。ということで今回は初代「イナズマイレブン」のゲームを振り返ってみたい。

 

 

  • 簡単な紹介

イナズマイレブンは2008年に発売された超次元サッカーRPG。超次元というだけあって現実にはあり得ないような必殺技が様々登場し、公式サイトの紹介文にも

※ゲーム中に登場する必殺技や特訓は架空のものです。危険ですので、絶対に真似をしないでください。

とかかれるほど。

当時子供に人気だった頃は真似していた奴ら絶対いただろ・・・。

 


f:id:sukimani:20180721194914j:image

なぜ大きな手を出せるのかなどと野暮なことをいってはいけない。

 

  • 操作

 DSなのでフィールドにいる選手達をタッチペンで導いたり、パスしたり、シュートしたりて操作していく。

また、試合だけでなくマップを歩いているだけで4対4のエンカウントバトルを挑まれる。ちなみに部屋の中を歩いていると発生しない。節度を守っていてちょっと面白い。

 が、次に出るシリーズと違ってこの初代「イナズマイレブン」操作性が悪いというか、画面をタッチしてもなかなか反応しない。

 
f:id:sukimani:20180721200137j:image

緑の矢印が行き先となる。2頭身のドットがかわいい。

 

 

  • ストーリー

 舞台は弱小サッカー部、サッカーをしない部員達。そのサッカー部キャプテンであり主人公の円堂守はかなりの熱血サッカー馬鹿。その飛び抜けた人柄の良さにいろんな奴らが感化されていったり引き寄せられていき、日本一を決めるフットボールフロンティアで優勝を目指していくという物語。

熱血な円堂と、努力と根性で何とかしていく古きよき物語の噛み合わせがとてもいい味を出している。

 

 

  • 他のキャラ

主人公達の通っている学校はマンモス校、また他校から引き抜きもできるということで1000人以上もの仲間候補がいる。

その候補にはイケメンやブサイク、チビ、ノッポなど様々、果ては「こいつ女の子だろ」というくらいかわいい顔をした男まで出る。


f:id:sukimani:20180721200431j:image

 ライバル校のキャラ。女の子のようにも見える。

 

 

 もちろん円堂をはじめとしたメインメンバー達も充分な魅力がある。

 

が、初代に関してはその中から仲間にできるのはたった32人。しかもメインメンバーが枠を圧迫しているせいで実質10数人程度

(外そうと思えば外せるけど・・・)

ここは魅力的なキャラが多いだけにもったいない。

 

 

 と、ここまでがネタバレなし。

そしてここからがネタバレを含む。

 

 

 

 

 

 

  •  ネタバレあり感想

 この作品を再度やってみて分かったのは、

 案外明るいばかりの面を書いた物語でもないということだ。

門中に転校してきたエースストライカー豪炎寺の圧倒的な力に部員達は頼ってしまう一方、元のストライカーである染岡は気に入らず、自身も必殺技を編み出すも一人では敵に通用しなかったということ。

他校のシュートになすすべがなかったり、元敵をも信じる円堂に不信感を募らせる部員達。

こういった少年向けにしては嫉妬や憎しみなど、負の感情を抱くキャラクターが多い。

だが、こういった面を乗り越えてより信頼が生まれ、メンバー全員で戦っている感じが出てくる。

 

また、対戦校には薬を仕込んで部員達を腹痛状態にさせたり、鉄骨を落としたり、とわりと卑怯なやり方をしてくる奴らがいる。

こういった悪事、大体は「イナズマイレブン」シリーズ全体で悪役として存在感のある影山が至るところで手を引いている。

この一作目では影山がなぜ卑怯な方法をとってまで邪魔をするのか、その理由と過去が分かる。

なんとも嫌な悪役だが、その徹底して悪い姿勢、私は嫌いじゃない。

 

また1作目は豪炎寺や鬼道の性格が違っていたり、夏未お嬢がいざというとき円堂にアドバイスをしてくれたり、裏で動いてくれたりでヒロインとして一際目立っているように見えたりと、以降に出てくる作品と比べてみると面白い。

 

 

 

  •  最後に

久しぶりのイナズマイレブン、とても楽しめた。

 まだやっていない人はこれを機にやってみよう。

 https://www.inazuma.jp/ares/topics/inazuma/

ここから3DSのeショップでダウンロードができる。

 

 

そしてみんな、サッカーやろうぜ!