日々の隙間を見つけては

好きなものをつらつらと

からかい上手の高木さん3巻感想

ネタバレあり 

既巻の中でもかなり好きな表紙。

  • 肝試し

トンネルで肝試し。

白いワンピースに麦わら帽子、ベターな格好だけどやっぱりいいなあと再認識させられる。


f:id:sukimani:20180702075512j:image

怖がる西片をみていきいきとする高木さん。

この話で意識しまくりだけど大丈夫だ西片、実質デートみたいなもんだし高木さんもそのつもりだったと思うから

 

  • 質問

表紙の格好がかわいらしい。

テレビの影響をすぐ受けて大人っぽく振る舞うも脇腹をつつかれてすぐ崩されてしまう西片かわいい。

ただ夜テレビ見るときは電気くらいつけろ。

西片の「ダンディごっこ」に乗る高木さん、こいつらノリノリである

 

わき腹をつつかれまくって口が大変なことに。

今回で高木さんの弱点「西片をみるとからかってしまうところ」が判明する。

高木さん的には弱点だけど、西片的にはこのセリフの後の微妙な表情からも分かるように弱点になってないよなあ。

 

  • 背比べ

背が少しのびる話。

高木さんが背伸びして誤魔化していたのは、全然変わってないという西片の発言への仕返しのようにも見える。

西片の背は数字的にはせいぜい2、3センチ

伸びた程度なんだろうけど、高木さんがその細かい変化に気づけるのは隣に立つ機会が多いからだと考えると・・・もうね・・・。

 

  • 席替え

他人から見ればたかだか席替え程度、だけど高木さんにとっては好きな人と離れる可能性があるわけだから一大事。

その証拠にこの回は高木さんの悲しい表情が多くて多くて、読む方もつらい。


f:id:sukimani:20180702075531j:image
f:id:sukimani:20180702075540j:image

西片の「ヘビのおもちゃを使うのを忘れてたな」というセリフも切ない・・・。

自分では気づいてないけど、きっと西片も悲しいんだろう。

中井くんの隣になれず机に突っ伏す真野ちゃん、の隣でさらに突っ伏してしまう西方の図がおもしろい。

だがこの漫画はとことんやさしい世界。

無事西方の隣は高木さんに。

隣に来てくれようとしたことが嬉しくて顔をしつこく覗く高木さんかわいい。

何回みても「これからも(末長く)よろしくね」にしか見えないのは私だけじゃないはず。

 

  • 英訳

タイトルは授業での英訳が今回の展開を表しているのかな。

西方の考えることは何でもお見通しな高木さん。西方の作戦にもひっかからず余裕顔。

 恋する乙女は強いと言うけど、なかなかずるい聞き方をしてきたり西方のことばかり考えてると言えるのはかなり強いよね。

 

  • 逆上がり

 西方が生まれて初めて逆上がりが成功したからという理由で高木さんに勝負を持ちかける。

高木さんの逆上がりを見てしまったことを正直に言ってしまう西方、素直な奴だ。

高木さんの「エッチ」いい…。

 

  • わき腹

わき腹つつき対決。

高木さんに笑顔でわき腹をつつかれる西方かわいい。

また高木さんがつつこうとして素早く離れる西方がなんか大げさで面白い。

離れても高木さんには変顔があるから無駄なんだけど…。

罰ゲームとしてわき腹をつつくことを提案する高木さん、服越しとはいえ西方から触るのは初めてというのが…よい。

 

  • 習字

お互い相手に求めるものを書いた高木さんと西片。

 高木さんの「現状維持」という言葉、見返すと色々と考察できるなー。

からかいにくくなったら嫌だと言うのもあるけれど、西片が自分の知らない西片に変わっていくのが寂しいのかなと個人的には考える。

2回目、西片が「優しさ」と書いた字が

見えたのかな、急に字を褒める高木さん。

でもからかいで分かりづらくはなっているけど、

いつもやさしいんだよね。

 

  • 尾行

高木さんと西片の仲を羨ましがるユカリちゃんとは対照的に、花より団子なミナちゃんとユカリちゃん。恋愛的な考えにまるでいきつかない。

ユカリちゃんは否定してたけど、サナエちゃんの会話予想はおそらく当たってるだろうなあ。

3人に尾行されるもとっさに隠れる高木さんと西片。

確かにとっさに曲がってもよかったんだけど高木さん的には西片に身を寄せて隠れる方が

触れられて嬉しいからしょうがないね。

ていうか高木さん、「よかった」って・・・。

この回でミナちゃんとサナエちゃんの仲の

よさがうかがえるけど、この2人に関しては前からさりげないコマでサナエちゃんがミナちゃんを見ているからなー。

 

  • おまけ

おにいちゃん、とてもかっこいい。

想いが届くといいなあ。