日々の隙間を見つけては

好きなものをつらつらと

からかい上手の高木さん1巻感想 

 ネタバレあり

 

 今や山本崇一朗先生といえば等身が低めのかわいらしい絵柄だけど、1巻の頃は

高木さんも意地悪そうな顔つきだったり西片もちょっと垢抜けていないので,

今の絵柄に慣れているとなかなか新鮮な気持ち。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 消しゴム

記念すべき1話、アニメでも1話はこの話。

西方が消しゴムの見る向きを間違えなかったら、この漫画は続いてなかったかも

しれない。そう考えると外してしまった西方には感謝だね。

どことなく高木さんの口調が軽めだったり、悪い表情が似合いすぎなのがギャルっぽさに拍車をかけるなあ。かわいい。

 

  • プール

高木さんがプールを欠席した理由を西方が当てようとする話。

西方の手のケガを当てた高木さん、適当に言ったわけじゃなくて実際見ていそうだと思ったけど、もしそうならからかいに行ってるはずだから本当に偶然かもしれない。

「せいり」というワードを恥ずかしがる西方が純情でかわいい。

まあ一般の中学生男子は下ネタを嬉しがりそうなものだけど…。

自身が貧乳ということを気にしてなさそうな高木さん。素敵です。

この回一番の見せ所でもある体操服を脱ぐシーン、とても色気がある。


f:id:sukimani:20180624075253j:image

 

今やかわいい系統の顔になったから

こういった表情は貴重。


f:id:sukimani:20180624075324j:image

 

  • 変顔

変顔対決。

西方が怒られたときについ驚いて涙目になるミナちゃんかわいい。

「やっとこっちむいた」のシーン、髪の垂れ具合がなんかいいな…。

高木さんの変顔がとても気になる。

 

 

  • 筋トレ

西方がちょっとたくましくなる話。

この回から出てくる「からかわれた分の十倍腕立てをする」というルールが後の伏線となっていったんだな…。

「もしかしててれてる?」といったシーンの高木さんのめちゃくちゃ意地悪そうな顔は小さいながらも見もの。

「たくましくなった」も「カッコよくなった」も本心なんだろうね。

 

  • 空き缶

どっちがゴミ箱めがけて空き缶をうまく入れられるか勝負する話。

関節キスを恥ずかしがることなく西方の飲みかけジュースを飲む高木さん。

この人は恥ずかしがるよりも本気で喜んでいそうなのがおそろしい。

この話、珍しく(わざとだろうけど)不機嫌になる高木さんの姿が見られるのがとても貴重。

外すことなくゴミ箱にいれた時の西方の驚いた表情を見た時の高木さん

 

「この程度の距離本気で外すと思ったの?」

すごい自信だ…。

最後に「西方が勝ったらファーストキスあげる」と言っていた高木さん、

負けてもあげるつもりだったのでは。

 

  • 日直

早起きで西方をからかう高木さん。

高木さんの姿見えずとも気配を感じる西方、かなり意識しているなあ。

静かな教室にふたりっきり、「このままだれもこなきゃいいのにね」の西方、

お目目クリクリでチワワみたい。かわいい。

「高木さんってもしかしてオレのこと」でうつる高木さんの表情、真顔に見えるのが

西片への気持ちが本気だということを表しているようにも見える。

 

相合傘。

西方の肩が濡れるのを気にかける高木さん。この後のいろんな話でもさりげないところで優しさを見せるわけですが、そういうところが素敵。

 

  • 風邪

西方が風邪をひく。

「100%片思い」を見てカウンターで赤面させようとする西方。でも「可愛い」なんて面と向かって言えないでしょ。

髪を耳にかける高木さんをみて、黙ってると可愛いと思いかける西方。

喋ってても可愛いんだよなあ…。

この回は高木さんの気遣いが光って良い。

 

  • 本屋さん

少女漫画を買う西方の話。

買った本に必要以上に興味を持つ高木さん。

「なんて危険な人なんだ」

と思う西方。

その認識はあながち間違っていないけれども。

この世界はみんな優しい心をもっているので、西方が少女漫画を買っていても

笑わなさそうだけどなあ。

西方には嘘をついたことがないという高木さん。

お返しについたウソがかわいい。

 

  • おまけ漫画

はたから見るとやっぱり付き合っているようにしか見えない。

 
f:id:sukimani:20180624075643j:image

高木さんの隣にちらりとうつるポニテちゃんかわいい。

一推しの子です。