日々の隙間を見つけては

好きなものをつらつらと

からかい上手の高木さん どうしてこうも惹かれてしまうのか


f:id:sukimani:20180621214752j:image

 

ネタバレなしの感想。

 

前期アニメ高木さんを見ていた。とても良かったので、原作を買ってみた。

結論として買って本当に良かったと思う。

 

この漫画は別に決まったストーリーが

あるわけでもなく、主人公の西方と高木さんのからかい勝負の日常を描いたもの。

ふと思った。1話1話の流れはとても単純。高木さんがからかって西方がからかわれる。それでも飽きずに毎回楽しく読めるのはどうしてだろうと。

 

 

 

 

 

互いに魅力を引き出しあう関係

しかし高木さんは「西片のことが好き」

であることが強い点でもあるが同時に弱点でもある。


f:id:sukimani:20180621214818j:image

ヒロインの高木さん。この作品最強の美少女。西片のことが好きでからかってしまう。

好きな人をからかうって、素直になれない男子小学生かよと思ってしまうけど

この人の場合は自分の気持ちに正直でからかっているからおそろしい。

だからといって高木さんは分かりやすく照れたりしたことがない。

それでも何気ない表情一つ一つだったり、言動だったりが西片のことを好きだと伝えている。

 


f:id:sukimani:20180621214846j:image

主人公の西片。基本的にからかおうと仕掛けているのに、相手が悪いこと、かつからかわれ上手なこともありやられてしまいがち。

からかわれた時に赤面しがちでかわいい。

恋愛的には鈍感だけど、人の気持ちに対してはそうでもないのが彼の優しさを表している。

 

そんな二人が一緒にいることでよりお互いの魅力を引き出す。

いつもからかう高木さんであるが、やりすぎないように節度はきちんと守っている。

だからこそこの漫画のタイトルが「からかい上手」である所以だ。

そんな高木さんだからこそ西片も無視したりせずにからかわれてしまう。

非常によい主人公とヒロインの関係だと思う。

 

パワーバランスが取れている

前述の通り高木さんにからかわれまくる西片。1日に50回以上からかわれることも。

 だが西片はごくたまに破壊力のある一発をお見舞いする。

しかも無自覚で言ってるからタチが悪い。

そんな不意打ちに高木さんは対処できない。

数で攻める高木さんと一発の破壊力がある西片。

絶妙な力関係である。

 

やさしい世界

この漫画は登場人物が悲惨な目に遭ったり、恋愛のライバルが出てきたりして

どちらかが悲しむような目にあったりという展開がない。

また、高木さんと西片の関係は噂になっているものの、それを馬鹿にするような

野暮な奴らは出てこない。

この世界の人たちは基本的に優しい人間で構成されている。

これによって高木さんと西片、二人のやり取りを読者も安心して見守ることができる。

 

表情のうまさ

 作者の山本先生は絵柄もかわいらしいながら、なによりキャラクターの表情がものすごく上手い。西片のコロコロ変わる表情は面白く、高木さんの「反応がおもしろい」と言う気持ちが分かってしまう程に。

特に女の子の笑顔がものすごく上手い。


f:id:sukimani:20180621215348j:image

嬉しいという気持ちが見ている側にも伝わってくるのは凄い。

 

 

 

こうしてみると、一見シンプルなようで

実は丁寧に作られている作品じゃないだろうか?

山本先生が可能なら、なるべく長く続けてもらいたい、というか一生高木さんと西片、二人のやり取りを見ていたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はじめに

このブログは主に

・ゲームプレイ日記

・漫画感想

が中心となっています。

 

たまにアニメやドラマ感想等も取り入れていくつもりです。

特にジャンルにこだわりなく、手広くいかせてもらいます。

どうぞよろしくお願いします。